アオイネコ

霞を食って生きるのが目標。

阪神タイガース チームデータ

中村監督時代の阪神。個人的には未だに強いのかそうでないのかよくわからないチーム・・・。なおこの数年後から暗黒時代が始まる。

 

(野手)

選手名 打率 HR 走力 守力 肩力
1 松永 .288 9 15 2 3
2 和田 .308 0 12 4 2
3 八木 .224 8 12 2 3
4 オマリー .340 24 7 2 2
5 新庄 .252 26 12 3 4
6 パチョレック .244 10 15 3 2
7 関川 .246 1 8 2 3
8 久慈 .230 1 11 2 3
真弓 .256 2 7 2 2
金子 .250 3 7 2 2
岡田 .220 2 7 2 2
桧山 .200 3 11 2 3
鮎川 .200 0 10 3 2
    (平均)   .251 6.85 10.31 2.38 2.54

 

(投手)

選手名 防御率 球速 体力
湯舟 3.60 140 19 9 11 9
中込 3.80 140 18 8 10 9
猪俣 3.80 138 16 9 8 7
中西 3.00 140 12 7 5 9
郭李 3.50 146 10 8 6 9
弓長 4.30 142 10 8 7 6
田村 左横 2.80 138 11 10 11 8
  (平均)   3.54 140.57 13.71 8.43 8.29 8.14

 

攻略のポイント

トレードで加入し、1年後FAでダイエーに移籍してしまう松永がいるというある意味貴重な打線。

注意すべき打者とそうでない打者がはっきりしているのが特徴。まずは4番・オマリー。打率.340はミートされればホームランになってしまう。オマリーの前にランナーは出したくないが、1番・松永、2番・和田と打率が高めの打者が並ぶ。ここを出塁させてしまったならば、状況によってはオマリーとの勝負を避けることも考えたい。5番・新庄は一発はあるが率は低い。以降の下位打線は問題なく抑えられるだろう。

投手は比較的駒が揃っている。湯舟、中込の両先発は十分に試合を作れる。この2人が先発の場合は点を取りづらく、こちらも相手に点を与えないように試合を運びたい。守護神の田村は唯一の左サイドスローで、変化球の変化量も大きくかなり打ちづらい。リードを許して登板されるとかなり苦しいだろう。

点を取れる打者は限られているが、その確率自体は高い。一方で投手はバランスよく揃っているので、こちらは点が取りにくい。0で完璧に抑えようと思うと苦しくなるので、できれば1、2点のリードを保った状態で試合を進めていきたい。二塁の和田は守備力が高くライト方向へはヒットになりにくい。レフト方向を狙えるといいだろう。