アオイネコ

霞を食って生きるのが目標。

横浜ベイスターズ チームデータ

横浜ベイスターズ初年度。数年後からチームが上向き始め、1998年の優勝・日本一につながっていく。この頃はまだマシンガン打線ではありません。

 

(野手)

選手名 打率 HR 走力 守力 肩力
1 高橋 .226 3 13 2 2
2 石井 .268 5 16 3 2
3 高木豊 .274 4 16 3 3
4 ローズ .306 21 8 2 3
5 畠山 .270 15 8 2 2
6 進藤 .246 13 8 2 3
7 山崎 .200 0 15 2 2
8 谷繁 .250 3 8 2 4
ブラッグス .344 20 8 2 3
屋鋪 .242 1 15 4 3
秋元 .234 4 8 2 2
宮里 .224 0 14 2 3
佐伯 .210 1 8 2 2
    (平均)   .253 6.92 11.15 2.31 2.62

 

(投手)

選手名 防御率 球速 体力
野村 2.30 142 19 8 10 12
有働 3.20 140 13 9 6 6
斉藤隆 3.50 142 15 7 6 6
森山 5.40 138 12 6 6 6
盛田 5.60 146 10 6 6 2
小桧山 3.00 140 10 7 6 8
佐々木 3.50 144 11 11 11 12
  (チーム平均)   3.79 141.71 12.86 7.71 7.29 7.43

 

攻略のポイント

打線の破壊力がもうひとつ。走力の高い選手が多いが、おおむね率が低いのでそこは問題ないだろう。但しDHありの場合ブラッグスが打線に加わり、一気に厚みが増す。スタメン外野手の守備力がおしなべて低い(3人とも守備力2、肩2)ため、ブラッグス(守備力2、肩3)と入れ替えても全く問題ない。自分でプレイするなら、1番・高橋か5番・畠山をブラッグスと、7番・山崎を屋鋪と早々に入れ替えてしまうといいだろう。

投手ではエース・野村と守護神・佐々木が光る。佐々木が出てくる前にリードを奪っておきたい。なお、ファミスタでは投手は個々の打撃能力が設定されていないので、野村の打撃が良いなどということはありません、念のため。