アオイネコ

霞を食って生きるのが目標。

日本ハムファイターズ チームデータ

東京ドーム時代の日本ハムファイターズ。この頃は優勝争いに食い込んでもライオンズの牙城を崩すことができなかった。

 

(野手)

選手名 打率 HR 走力 守力 肩力
1 白井一 .272 7 14 3 2
2 広瀬 .294 0 15 3 3
3 田中幸 .242 10 8 2 2
4 DH ウインタース .258 37 8 1 1
5 シュー .278 27 8 2 2
6 片岡 .304 7 8 2 2
7 小川 .224 3 11 2 2
8 田村 .268 6 8 3 4
9 鈴木 .254 2 16 3 3
大島 .306 0 7 1 1
中島 .276 3 8 2 2
嶋田 .234 0 12 3 3
五十嵐 .214 2 7 2 1
    (平均)   .263 8.00 10.00 2.23 2.15

 

(投手)

選手名 防御率 球速 体力
西崎 2.30 144 17 11 8 6
白井康 2.70 146 16 9 8 10
武田 右横 3.00 138 17 8 7 6
柴田 3.20 138 13 7 7 7
河野 3.70 138 11 5 6 6
芝草 3.80 142 10 6 4 6
金石 1.50 138 11 11 10 10
  (平均)   2.89 140.57 13.57 8.14 7.14 7.29

 

攻略のポイント

打線のバランスは良いが、破壊力という点ではそこまででもない。9番・鈴木から2番・広瀬にかけて足のある打者が続くが、3番・田中幸、4番・ウインタースともに打率が低いので、きっちりと切っていきたい。その後の5番・シュー、6番・片岡の並びには注意が必要だろう。自分でプレイするなら、片岡を3番に置いてもいいだろう。

投手では先発西崎の安定感と、守護神金石の変化球が光るが、余計な点を与えないようにできれば問題ないだろう。白井康は先発だが、高めの球速とフォークがそこそこなので、自分でプレイするなら(好調でなければ)リリーフで起用したい。