アオイネコ

霞を食って生きるのが目標。

オリジナルチーム(Nチーム) チームデータ

続いて二軍のNチーム。

 

(野手)

選手名 打率 HR 走力 守力 肩力
1 岡田琢 .254 6 8 2 3
2 仁村 .246 0 14 3 2
3 櫻井 .278 11 10 3 3
4 丘本 .264 18 6 2 4
5 レスター .224 21 4 1 2
6 氏家 .268 8 6 2 3
7 高沢 .252 4 8 4 3
8 佐々倉 .270 2 12 3 2
トウシェル .256 4 10 4 3
中浦 .242 6 8 3 2
.280 8 10 4 4
新居波 .296 2 4 3 3
神宮寺 .252 8 6 2 3
    (平均)   .260 7.54 8.15 2.77 2.85

 

(投手)

選手名 防御率 球速 体力
露田 3.60 144 14 8 5 7
4.22 136 12 3 9 4
倉持 右横 4.34 140 10 6 6 6
坂崎 4.20 138 10 10 9 9
谷内 3.86 138 8 6 4 4
葉加瀬 右下 3.12 134 10 6 4 7
岡田久 4.52 144 6 7 4 7
  (平均)   3.98 139.14 10.00 6.57 5.86 6.29

 

チームの特徴

意図的なものだが、野手・投手共に能力値はかなり抑えてある。いずれ他の全てのチームについても紹介するが、全チームの中でも最低クラスとなっている。

まず打者だが、打率3割を越える打者がいない。スタメンでは3番・櫻井の.278、控え野手では新居波の.296が最高である。ホームランは、好調でなければ4番・丘本、5番・レスター以外にはほぼ期待できないだろう。ただしレスターはチーム最低打率のため、スタメンでは櫻井、丘本ぐらいしか頼れそうな打者はいない。他はおおむね打率.250前後、ホームラン1桁の特徴に欠ける打者が中心である。いかに出塁したランナーを進め、本塁に還すかの工夫が必要になる。控え野手の起用のタイミングも重要になるだろう。

投手では全体の能力の低さの中でも、特にスタミナが少なくなっている。誰を先発させても、継投をよく考えておく必要がある。変わった選手としては先発の間である。右投手ながら右変化の数値はかなり低く、左変化の数値が高い。ファミスタ'94では他にいないシュートが武器の投手である。数値が同じでも、スライダー方向とシュート方向の変化の仕方はだいぶ異なり、シュート方向は変化しづらい。球速、他の変化球ともに低いため、シュートでうまく芯を外す投球が必要である。

このチームで一軍やYS、L、ACといったトップクラスの能力のチームに勝つにはかなり慎重なプレイが必要となる。何より点が取りにくくいため、なるべく点を与えたくないのだが、投手力も低いため投球のミスが命取りとなる。逆にこのチームに勝つのは難しくないだろう。