アオイネコ

霞を食って生きるのが目標。

ファミスタ'94の攻略のポイント(4)

何試合かプレイしていくつか書き残した点に気づいたので、まとめて書いておく。

 

COMのゴロ処理

ランナーが三塁にいる場合、COMは内野ゴロを必ず本塁に送球し、転送しない。これがどういうことかというと、ランナー三塁で内野ゴロを打った場合、三塁ランナーは自動スタートする(※)が、すかさず三塁ランナーを帰塁させれば、COMは本塁に送球し、一塁にも三塁にも転送しないので、バッターも三塁ランナーもオールセーフになる。ランナー三塁、一三塁、または二三塁なら、バントでほぼ確実に内野安打を稼げるのである。

(※ファミスタシリーズの仕様上、バットにボールが当たるとバッターも含めて全てのランナーは必ず自動的にスタートを切る。フライの場合は自分で全てのランナーを帰塁させなければならない。)

なお、現実の野球では野選(野手選択、フィルダースチョイス(Fc)とも)になるプレイであるが、ファミスタでは四死球以外での出塁は全て安打とみなされる。

 

出塁の概念

上記の通り、ファミスタでは四死球以外での出塁は全て安打とみなされる。また、記録上、エラー(失策)は別にカウントされるが、エラーでの出塁も安打に記録されてしまう

エラーが記録されるのは以下のような場合である。

・野手がゴロをはじく、またはフライを(はじいて)落球する。これは一定の確率で発生する。

・送球が逸れたり、誰もいない塁に送球した結果、送球がフェンスまで到達する。

これらの事象が発生するとエラーが記録されるが、これは打者が出塁したか、凡退したかとは全く関係なく記録される。その結果、以下のような現象が発生する。

内野手がゴロをはじいたが、すぐに拾い直して一塁送球、打者走者はアウト。

 →エラーが記録される。(現実の野球ではエラーは記録されない。)

・外野手がイージーフライを落球し、打者走者が一塁セーフに。

 →エラー、安打が記録される。(現実の野球では安打は記録されない。)

ファミスタでのエラーの概念は、現実の野球とはだいぶ異なるものとなっている。