アオイネコ

霞を食って生きるのが目標。

敵要塞を破壊し、帰島せよ!「アーガス」

http://www.suruga-ya.jp/database/pics/game/174000001.jpg

アーガス - Wikipedia

 

ジャレコ発、アーケード出身のシューティングゲーム「アーガス」。子供の頃は知りませんでしたが、初期~中期のファミコンソフトにはアーケードの移植がけっこうあるんですね。

 

2種類のショットを使い分けろ

Bボタンの対空弾とAボタンの対地弾を使い分ける、ゼビウスタイプの縦スクロールシューティングゲームです。対空弾は2種類あり、奇数ステージでは直線状に発射され比較的連射もしやすい(といってもスターフォース等と比較すると全般連射はしにくい)ショット、偶数ステージでは左前方と右前方にも発射される3分割ショット。3分割のうち左右前方に発射されるショットは、一部の障害物に当たると跳ね返るため、うまく利用すれば密度を上げることも可能、ただし連射はしにくい。

地上には破壊可能なパネル「P」「B」「L」があり、対地弾で破壊することで獲得できます。「P」「B」のパネルは1枚破壊するごとにカウントされ、3枚目を破壊すると「P」はショット強化&自機の移動スピードが若干アップ、「B」は一定時間有効なバリアが発生し、枚数カウントが0に戻ります。「L」は破壊した枚数に応じてステージクリア時に得点ボーナスが入ります。

 

メガ・アーガスを撃破せよ

ステージのマップは3種類あり、1→2→3→1→2→3→…の順でループしています。1ステージ目は直線的な構造物によるマップ、2周目は曲線的な構造物によるマップ、3周目は1・2ステージの合わさったようなマップになっています。周回ごとにマップのカラーリングが変わり、4周目からは1周目と同じカラーリングに戻ります。ショットの種類は1ステージごとに変わるので、7周目以降で、1周目と同じショット・マップとカラーリングの組み合わせに戻ります。

各ステージの終わりにはボスである「メガ・アーガス」が待ち構えており、さらに雑魚キャラが雨あられとマップ上部から降ってきます。そのステージに出現しない雑魚キャラも出てきますが、どの雑魚キャラもマップ上部から自機に向けて弾を発射しつつ下部に消えていくという動きしかしないので、何が出てこようとあまり変わりません。

メガ・アーガスは中心部にコアがあり、コアがオレンジ色の(開いた)状態の時に対地弾を1発打ち込むと撃破できます。メガ・アーガス自体は攻撃してこないので、とにかく降ってくる雑魚キャラと敵弾をかわしながら対地弾を打てる状態に持ち込めるかが勝負です。

 

着陸に失敗すると努力がパーに

メガ・アーガスを撃破するとステージクリアですが、その後に着陸のミッションがあります。BGMが変わり、画面中央には左右を示す矢印。滑走路の位置を示しており、矢印に従って滑走路へ移動します。しばらくすると画面上部に自機の高さと着陸へのラインを示すウインドウが現れ、いよいよ着陸に入ります。

ここからは↑キーで上昇、↓キーで下降となり、なるべくラインに沿うように高さを調節して着陸します。失敗して自機が爆発するのはお約束。

f:id:Blue-cat:20161004210639p:plain

失敗しても残機は減りませんが、「L」パネルによる得点ボーナスは無し、パワーアップ状態でも次のステージでは通常の状態からのスタートとなるため、失敗するとつらいです。

 

敵の猛攻をかいくぐれ

ゲームの作りとして派手さはあまりないですが、手堅い作りと言うこともできると思います。他にファミコンで有名なシューティングと比較すると、敵弾が大きく、かつ自機の移動スピードが遅めなため、プレイに爽快感を感じにくいのが難点です。

周回ごとに敵弾の数が増え、敵弾のスピードが上がっていくことで難易度が上昇していきます。3、4周目あたりからは自機のスピード以上の速さで敵弾が迫ってくるため、「P」のパネルにより移動スピードを上げることは必須のうえで、それでも障害物との関係により避け方を見誤るとアウト…ということも多いです。

雑魚キャラの動きはほぼパターンが決まっているため、弾を撃たれる前に撃破することが攻略のポイント。ただしこのゲーム左右がループした作りになっており、自機は常に画面のセンターライン上に固定されるため、雑魚キャラと軸をあわせないとショットが当たりません。素早く雑魚キャラと正対するために、左右キーの操作は欠かせません。

一応裏技扱いとして、ステージ中盤に地面に現れる影に自機の陰を合わせると、一定時間無敵のロボット状態に変形できます。変形中は雑魚キャラが自機の目前に吸い込まれるように整列していき、体当たりにより一網打尽にできます。しかし注意が必要で、変形が解ける直前まで雑魚キャラが吸いよせられるため、変形が解けた瞬間目の前の雑魚キャラに接触してアウトということも。変形が解けそうになったら、雑魚キャラからうまく距離を取らないと逆に危険です。

 

さらにウラ技…

これは偶然の発見なのですが、「アルカノイド」に付属のパドルコントローラーをファミコンに接続した状態でこのゲームをプレイすると、なぜか自機が無敵状態になりました。何らかの作用が働くのでしょう。

 

必要なのは慎重さ

スピード感を求めて連射しまくるタイプのゲームではありませんが、パネルによるパワーアップと2種類のショットを駆使しつつ、攻撃をかいくぐりながら確実に敵を仕留めていく。

シューティングらしからぬ「じっくり」楽しむゲーム、そんな魅力のある「アーガス」についてでした。

次回の作品は…「ファミスタ」シリーズかな?